猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

キャットフードの種類と選び方のポイント

更新日:

キャットフード選びは、猫の健康維持においてとても大事な要素です。毎日消費するものなので、出来るだけ安く済ませたいと考える方もいると思いますが、市販の安いキャットフードは、粗悪な原材料や添加物などが入っていることも多いため、出来るだけ避けたいところです。

ここではキャットフードの種類や、選び方のポイントをご紹介します。

キャットフードの種類

キャットフードは主に「ドライフード」と「ウェットフード」に分類されます。それぞれのフードの特徴は下記のとおりです。

ドライフード(カリカリ)

ドライフードは食感が固いため、ウェットフードに比べて歯垢や歯石が付きにくく、安価で保存もきくので、猫の主食にはドライフードを与えていれば問題ないでしょう。

気をつけたいのは、開封した瞬間から酸化が始まり、においや色が変わってくるので、毎回きちんと密封するようにして早めに食べきった方が良いでしょう。酸化が進んでいくと、猫が食べなくなってしまう可能性もあります。

小分けにして売られているものもあるので、心配ならそちらを購入しても良いでしょう。

毎日同じエサを与えていると、猫が飽きて食べなくなることもあります。その時は、ウェットフードを少し混ぜてあげたり、他のメーカーのものを買い与えてみても良いでしょう。

ウェットフード

ウェットフードは、嗜好性が高い食べ物なので、猫の食いつきが良いです。また、水分を多く含んでいるので、あまり水を飲んでくれない猫にも水分摂取目的で与えられます。

食欲不振だったり、病気の時など、ドライフードを食べてくれない時にも、ウェットフードを混ぜてあげると食べてくれる場合もあるのでうまく活用しましょう。

難点は、ドライフードに比べて割高なことです。また、保存がきかず腐りやすいので、猫が食べ残したらすぐ片付けるようにしましょう。

キャットフードの選び方

「総合栄養食」を選ぶ

キャットフードには『一般食』(おかず)や『間食』(おやつ)などがありますが、猫に必要な栄養素がバランス良く入っている『総合栄養食』と記載されているものを選びましょう。

『総合栄養食』は猫の主食になるもので、これと水を与えていれば猫の健康を維持できます。また、肥満対策や毛玉ケアなどのキャットフードもあります。

フードの原材料に注意

安いキャットフードには、粗悪な原材料が含まれていることが多いので、猫の健康を考えたフード選びが大切です。

安いキャットフードを見ると、穀物類(とうもろこしや小麦など)を多く含んでいるものが見受けられますが、猫は穀物をうまく消化出来ないため、消化不良で下痢や嘔吐をしたり、アレルギーになりやすくなったりします。

パッケージ裏に原材料が記載されていますが、原材料は含有量の多い順に記載されています。そのため、最初に記載されているのが穀物類(とうもろこしや小麦など)の場合は、そのキャットフードの購入はやめるべきです。

『グレインフリー』という穀物が入っていないものもあるので、そちらを購入するようにしましょう。

飼い始めは少量のエサを何種類か与えてみる

猫を飼い始めた時、どのキャットフードを買えば良いのか迷うこともあると思います。猫によってそれぞれ好き嫌いがあるので、与えたエサを必ず食べてくれるとも限りません。

そういう時は、少量サイズのキャットフードを何種類か買ってきて、猫の食いつき方をみて、一番猫に合いそうなものを買ってあげると良いでしょう。

プレミアムフードがおすすめ

猫の健康のためにもプレミアムフードの購入をおすすめします。市販のキャットフードよりも値段は高めですが、食品添加物がほとんど含まれておらず、栄養バランスに優れている品質の良いキャットフードです。

プレミアムフードを与えていれば、病気にならないというわけではありませんが、質の良いフードを与えることで、病気のリスクは軽減できます。病気になった時に高い治療費を払うか、毎日のフードにお金をかけるか考えてみましょう。

私の場合は、猫に長生きしてもらいたいですし、病気で苦しんでいる姿も見たくないので、キャットフードにお金をかけることにしました。

猫の食べ物について知っておきたいこと

人間の食べものは与えない

人間の食べものは、塩分や糖分が多く入っているので、与えないようにしましょう。病気になるリスクが高くなります。

飼い始めの時は、猫が人間の食べ物に興味を示して欲しがることがあります。この時に、食べては駄目だということをしっかりしつけましょう。繰り返ししつけをしていれば、猫もそのうち興味を示さなくなります。

あわせて読みたい
猫にしつけは可能?覚えておきたい4つのポイント

猫を飼うと、暴れて噛んできたり、柱や壁で爪とぎをしたりとしつけが必要な場合も出てくると思います。猫にしつけをすることは可能ですが、猫は自由気ままで束縛を嫌うため、犬に比べてしつけをするのにかなり手間が ...

続きを見る

猫におやつは必要?

猫は基本的にドライフード(カリカリ)を与えていれば、おやつは必要ありません。ただ、おやつをあげることで猫とコミュニケーションをとれたり、ご褒美的な役割も果たしてくれるので、たまにあげる分には良いでしょう。

与えすぎると、肥満や病気の原因になるので気をつけましょう。

まとめ

猫の健康のためにもキャットフード選びは重要です。いろいろな種類があってどれにしようか迷うこともあるかもしれませんが、キャットフードの原材料をよく調べたうえで、猫の好みに合ったものを選びましょう。

-猫の飼い方
-, , , ,

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.