猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の気持ち

フレーメン反応の理由はクサいから?猫はなぜフレーメン反応をするのか

更新日:

フレーメン反応をする猫

猫って、人間や食べ物、見知らぬものなどに対して、とにかくクンクンとニオイを嗅ぎますよね。

このクンクンをする理由のひとつは、猫がもともと視力が弱く、嗅覚で周りの安全を確認しているからなのですが、たまにニオイを嗅いだあとに、ポカーンと口を開けてフリーズしてしまうことがあります。

私も、この行動をテレビの動物番組で笑いながら見ていたのですが、意外にもこの現象にはちゃんと名前がついているんですね。この現象は『フレーメン反応』と呼ばれるものだそうですが、ではなぜ、猫はフレーメン反応をするのでしょうか?

ここでは、猫がフレーメン反応をする理由をご紹介します。

フェロモンを嗅ぎ取っている

私が動物番組で見たのは、人間の足のニオイをクンクン嗅いだ猫が、ポカーンと口を開けてフリーズしていたので、てっきり、あまりのクサさに絶句しているからだと思っていました。というか、そう思っている人が大半なんじゃないでしょうか?

でも、フリーズ後にまたニオイを嗅いで、またフリーズして…を繰り返しているので、もしかしてそんなにクサいわけではなく、嗅いだニオイがクセになっているのかもしれませんよね。

フク
クセになっている?…まぁ、否定はしないニャ。
マル
…否定してニャ。フェロモンを嗅ぎ分けたり、未知のニオイを嗅いだときにそういう風になるのニャ。

そう、実はクサいからフレーメン反応をしているわけではなく、フェロモンを嗅ぎ分けたり、未知のニオイを嗅いだときに出る反応なんです。未知のニオイについては後述するので、まずはフェロモンについて。

うちの猫たちもやりますが、猫ってお互いにお尻のニオイを嗅いだりしますよね?これは挨拶の意味もあるのですが、フェロモンを嗅ぎ取るときにも見られる行動なんです。

人間の場合、フェロモンと聞くと女性の色気のようなイメージがありますが、猫にとっては意味合いが変わってきます。フェロモンは、発情期や縄張り、病気の有無など相手の情報を得るためにとても重要なニオイなんです。この重要なニオイを嗅ぐときにフレーメン反応をする、というわけです。

人間は鼻でニオイを感じ取ります。それは猫も同じなのですが、猫にはなんと鼻以外にも、ヤコブソン器官という特殊な器官があるのです。

このヤコブソン器官というのは、わずかなフェロモンでも嗅ぎ取れるという、優れた能力があります。ヤコブソン器官は、猫の上アゴの前歯の後ろにあるため、そこへニオイを取り込む際に、口がポカーンとしたおマヌケ顔になってしまうわけなんです。

フク
おマヌケとはなんだニャ!…まぁ、誰にでも言い間違いはあるから許すニャ。
マル
感情の起伏が激しい猫だニャ。

未知のニオイを確認している

人間が履いている靴下や足のニオイなどは、猫にとって嗅いだことのない未知のニオイ。この未知のニオイを嗅いだときにフレーメン反応をすることがあります。

この場合は、フェロモンを嗅ぎ分けているのではなく『このニオイは自分に害を及ぼすものなのか』をチェックしているのです。

人間の足の裏や脇など汗が出やすい場所のニオイは、猫のフェロモンのニオイに似ていると言われているそうなので、フレーメン反応をするのですね。

私がさっき言っていた、動物番組で見たフレーメン反応はまさしくコレですね。でも、やっぱりクサすぎて絶句しているように見えますよね(笑)

マル
ニオイは猫にとって大事な要素なんだニャ。

無理やりニオイを嗅がせてはダメ!

フレーメン反応が見たいからといって、ニオイを無理やり嗅がせると猫のストレスにつながるので、やめてあげてくださいね。

うちの猫たちは2匹ともフレーメン反応をしたことがないので、私も見てみたい気はしますが(笑)。フレーメン反応は動画サイトでたくさん見られるので、そちらで我慢しましょう。ひとつ、フレーメン反応をする猫の動画をご紹介しますので、よかったら見てみてください。笑えますよ。

フク
お恥ずかしい話だけど、実はボク、こっそりフレーメン反応しているんだニャ。
マル
まったくもってどうでもいい情報だニャ。

まとめ

猫のフレーメン反応はクサいからではなく、フェロモンを嗅ぎ取ったり、未知のニオイを嗅いだときに起こるんですね。とはいえ、あのポカーンとした顔は、一度見たら忘れられないほど面白い顔ですよね(笑)

うちの猫たちもいつの日か、フレーメン反応をしてくれることを期待しています。

フク
任せるニャ!期待にはキッチリこたえるニャ。
マル
変なところで頑張る猫だニャ。

-猫の気持ち

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.