猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫が水をあまり飲まない!放っておいて大丈夫?

更新日:

皆さんのおうちの猫ちゃんは、ちゃんと水を飲んでいますか?基本的に猫はあまり水を摂取しない傾向にありますが、個体差があるので水をたくさん飲む猫もいます。

水をあまり飲まないと病気になることもあるので、ある程度は猫に水を飲ませるように工夫をしてあげなければなりません。

ここでは猫があまり水を飲まないときの対策をご紹介します。

猫があまり水を飲まないときの対策

新鮮な水を用意する

猫は新鮮な水を好んで飲みます。人間も同じですよね。新鮮な水はやっぱり美味しいですし、衛生面でも安心出来ます。そのため、猫の飲み水はこまめに変えて新鮮な状態を保つようにしてあげましょう。特に夏場は水が腐りやすいので要注意です。

うちの猫も水を新しいものに取り替えてあげると、すぐに水を飲みに来ます。たまに、浴槽に入っているお湯を飲んだり、蛇口からしたたる水を飲んだりしています。

水が身体に1滴でもかかるとぴゅーっと逃げていくのに、水を飲むときは顔に水滴が付いてもお構いなしのようです。猫って不思議な生き物ですね。

流水好きの猫には自動給水器がオススメ

洗面台やキッチンで、蛇口からポタポタ垂れている水を猫が舐めている所を見たことはありませんか?このような流水を好む猫は結構いるようで、うちの猫は2匹とも流水を好んで飲みます。

そんな流水好きの猫には自動給水器がオススメです。うちの猫たちも自動給水器がお気に入りみたいでゴクゴク水を飲んでいます。水が常に循環して動いているので猫の興味をそそるのでしょうか。

難点を挙げると、自動給水器は汚れやすいのでこまめに掃除をしなければいけないところですね。でも、猫の為を思えば決して苦にならない…はず(笑)

あわせて読みたい
【猫用】自動給水器ピュアクリスタルを使ってみた感想

皆さんは、猫ちゃんの飲み水に気を使っていますか? 飲み水を床に置いておくと、ホコリや猫の毛が入ったりして汚れてしまうことがあります。毎日のことなので、大切な愛猫には、キレイな水を飲んでもらいたいですよ ...

続きを見る

水の置き場所に注意する

猫の飲み水やエサはトイレの近くに置かないようにしましょう。猫の嗅覚はとても優れているので、トイレの近くに置いてしまうと、においが気になって水を飲まなくなったり、エサを食べなくなったりしてしまうことがあります。

また、飲み水は1箇所だけではなく、何ヶ所かに置いてあげましょう。猫のお気に入りの場所に置いてあげると、水を飲むようになることがあります。人通りの少ない場所に置くのもポイントです。

水を入れる容器を変えてみる

水を入れる容器もさまざまな物が売られています。陶器やプラスチック、ガラスなどですね。素材によっても水を飲んだり飲まなかったりするので、猫の好みの材質を探してあげましょう。

また、水を飲む時に、器にヒゲが付くのを嫌がる猫もいるので、その場合はヒゲが当たらないような大きめの容器に変えてみるのも良いかもしれません。

ウェットフードを食べさせる

ウェットフードは約70〜80%の水分を含んでいるので、あまり水を飲まない猫に効果的なフードです。ドライフードにウェットフードを混ぜてあげるのも良いでしょう。食事をしながら水分も摂取できるので一石二鳥ですね。

水の温度を変えてみる

冬のような寒い時期は、水道から出る水も当然冷たいですよね。冷た過ぎると猫も水を飲まなくなる場合もあるので、人肌程度に温めたぬるま湯を与えてみると良いかもしれません。

水をあまり飲まない、もしくは飲み過ぎても病気の可能性が

水をあまり飲まない場合は、腎不全や尿路結石といった病気になりやすく、反対に水を飲み過ぎている場合は、糖尿病や腎不全などの病気になってしまっている可能性があります。

猫はあまり体の不調を表に出さない生き物なので、病気に気づいたときには既に手遅れになっている場合もあります。日頃から水をどのくらい飲んでいるのか把握しておきましょう。

まとめ

猫があまり水を飲まない場合は、水の置き場所を変えてみたり、器を変えてみたり、いろいろ工夫してみると良いでしょう。

また、水を飲まない、もしくは飲み過ぎてしまっている場合は病気の疑いもあるので、いつもと様子が違うようであれば早めに動物病院に連れて行ってあげてくださいね。

-猫の飼い方
-, ,

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.