猫の飼い方がよく分かる!猫情報と猫日記のサイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫の日常生活に潜む危険…飼い主が気を付けるべきこと

更新日:

猫を飼っていると、普段はあまり気にしないようなことでも、猫にとっては危険な要因になり得ることがあります。猫の日常生活には意外と危険が潜んでいるのです。

ここでは室内飼いの猫の日常生活に潜む危険性をご紹介します。

誤飲・誤食

猫の誤飲・誤食は結構多く見られます。誤飲したものが排泄物と一緒に出てくれば良いのですが、最悪の場合、命を落としてしまうこともあります。

うちの猫たちはそこらへんに落ちている小さいゴミ(ホコリ?)を平気で食べたりします。猫たちが誤飲・誤食しないように、掃除はこまめにしているつもりですが、毎日のようにゴミが出るのでなかなか思うようにいかないのが現状です。

ちなみに、猫の誤飲・誤食で多いのが下記のようなものです。

小さいもの

猫が飲み込みやすい小さなものは注意が必要です。特に針や画ビョウなどは大変危険です。先っぽが尖っているので、誤飲してしまうと胃や腸が傷ついたり、刺さって穴があいてしまうこともあります。

普段から、机や床に置いておいたりせずに、猫の手が届かないところにしまっておきましょう。

観葉植物

インテリアとして何気なく置いている観葉植物ですが、猫草と間違えて食べてしまう猫もいます。

中には安全な観葉植物もありますが、食べてしまうと危険なものも数多くあり、特に『ユリ科』の植物は、毒性が高く、とても危険です。

基本的に観葉植物は置かない方が安全です。

人間の食べ物

人間の食べ物には塩分が多く含まれており、食べてしまうと危険なものも多くあります。特にネギ類やチョコレートは誤食してしまうと、中毒を起こしてしまうので危険です。

うちの猫たちも、私がご飯を食べていると近くに寄ってきて食べたそうな顔で見てきます(もちろんあげませんが)。ついあげたくなってしまうかもしれませんが、猫の健康のためにも人間の食べ物は、与えないようにしましょう。

マル
食欲をそそるにおいがするニャ!

おもちゃ

おもちゃに付いているひらひらしたもの(鳥の羽やリボンなど)や、小さい鈴などは、噛みちぎったり、飲み込んでしまう可能性があります。

猫が誤飲しそうなおもちゃは、遊ばないときはしまっておいたり、おもちゃを購入した際に、あらかじめ誤飲しそうなものを取っておくことをオススメします。

ちなみにうちの場合は、2匹とも、猫じゃらしに付いていた鳥の羽にすごく興味を示して、買ってきたその日に無惨に食いちぎられました。それ以降は鳥の羽が付いているおもちゃは買わないようにしています。

ヒモ・糸

ヒモや糸などは、猫が誤飲してしまう可能性が高く、特に注意が必要です。

私が体験した中で、かなりヒヤッとした事があります。我が家のマルが仔猫の時、ヒモで遊んであげていたのですが、ある時、トイレでうんちをしたあとに、やけに暴れまわっているなと思って見てみたら、マルのお尻からヒモが垂れ下がっていたんです。

どうやら目を離した隙に、ヒモを飲み込んでしまったようで、うんちをした際に一緒に出てきたのです。幸いにも走り回っていてすぐにヒモが取れたので、なんともありませんでした。

この事があってからは、猫が誤飲をしないようにさらに気をつけるようになりました。

あまりないとは思いますが、もし、猫のお尻や口からヒモなどか出ているのを目撃した場合、無理に引き抜くと腸を傷つけてしまうおそれがあるので、引き抜かずに、まずは動物病院に連絡をしましょう。

室内の温度

猫は暑さや寒さに弱い生き物なので、部屋の温度管理は重要です。特に夏場は熱中症にならないように気をつけましょう。必要であれば留守中もエアコンをかけていくことをオススメします。

フク
寒いのより暑い方が苦手ニャ…
マル
ボクはどっちも苦手ニャ…
あわせて読みたい
猫に留守番させても大丈夫?猫に留守番をさせる時の注意点

猫に留守番をさせるのって、なんとなく不安になりませんか? 一人暮らしや共働きの場合などは、日中、仕事や学校に行かなくてはいけないので、猫に留守番をさせなくてはいけません。 また、場合によっては、1泊、 ...

続きを見る

脱走

猫の性格にもよりますが、脱走にも気をつけなければいけません。換気のために窓を少し開けているだけでも、猫は隙間をするりと通り抜けて脱走します。網戸をしていても網戸を突き破って脱走するので、充分に気をつけましょう。

猫が脱走して外に出てしまうと、捕まえるのが困難になります。

我が家では、換気したいときは、ほんの少しだけ窓を開けて、それ以上開かないように防犯用のストッパーを付けています。

日頃から脱走には気をつけたい所ですが、万が一脱走してしまった場合のことを考えて、あらかじめ連絡先を書いた首輪をしておくなどの対策をとっておいた方が良いでしょう。

感電

かじり癖のある猫の場合、気をつけたいのが電気コードをかじることによって起こる感電です。感電だけでなく、コードがショートして火災になることもあるので、注意が必要です。

猫がかじっても大丈夫なように、コードにはスパイラルチューブ(保護カバー)を巻いておくと安心ですよ。

あわせて読みたい
猫の感電に要注意!猫が電気コードをかじる時の対処法

飼い猫が電化製品のコードを噛んで困っていませんか?猫の性格にもよりますが、噛み癖のある猫は、電気コードも平気でガシガシとかじってしまうことがあります。 噛んだことによって猫が感電してしまい、最悪の場合 ...

続きを見る

猫の爪

猫の爪切りは定期的に行ってあげましょう。爪が長いと巻き爪になってしまう可能性もありますし、引っかかれて怪我をする可能性もあります。

また、壁や家具を引っかいた際のダメージも大きくなり、家がボロボロになってしまいます。

爪切りを嫌がる猫も多いので、なかなか大変な作業ですが、どうしても難しい場合は、動物病院などで切ってもらうと良いでしょう。

まとめ

猫を飼うと、上記に挙げたようなことも含めて、いろいろなことを気にしなくてはいけません。外だけではなく、室内にも意外と危険があるのです。猫が安心して暮らしていけるように、気を配ってあげてくださいね。

-猫の飼い方
-,

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.