猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫を飼うと費用はどのくらい?初期費用と一ヶ月にかかる費用

投稿日:

猫を飼うときに気になるのが猫の飼育費用ですが、初めて猫を飼う場合はどのくらいお金がかかるのか分からないと思います。

ここでは、私が実際に猫を飼ってみてかかった初期費用と一ヶ月にかかる費用をご紹介します。

猫を飼うときに必要な初期費用

ワクチン接種や去勢手術などは地域によって値段の変動が結構あるため、私の実体験を基にしています。猫を飼う際の目安にしていただければ良いかなと思います。

我が家ではオスの猫2匹を飼っていますが、初期費用で実際にかかったお金は2匹で約7万円でした。内訳は次のとおりです。(去勢手術も一応初期費用に入れています)

  • 【猫】0円
  • 【健康診断】2匹で10000円
  • 【ワクチン接種(2回)】2匹で20000円
  • 【去勢手術】2匹で16000円
  • 【猫グッズ】22000円

猫を入手する方法はいろいろありますが、ペットショップやブリーダーから購入する場合は数万円〜数十万円かかるので、一番お金がかかる要素ですね。ただ、私は特に種類などにこだわりが無くて、可愛ければいいかなという考えだったので、知人から譲ってもらいました。

健康診断

猫を飼い始めるときに健康診断をしてもらいましたが、1匹5000円くらいかかりました。ちょっと面倒だったのが便検査ですね。動物病院で「猫がうんちをしてからあまり時間が経たないうちにうんちを持ってきてほしい」と言われましたが、一人暮らしで日中は留守にしているため、なかなかすぐ持っていくことが出来ず、結局朝に出したうんちを仕事が終わってからすぐに持っていきました。

ワクチン接種

一般的には生後2か月の猫に1回目のワクチン接種、その1か月後に2回目を行います。うちの猫たちは生後3か月で引き取ってきたので、生後3か月で1回目のワクチン接種、その1か月後に2回目を行いました。

獣医師さんに「完全室内飼いの猫であれば3種混合ワクチンを受けさせとけば十分ですよ」と言われたので、その言葉を鵜呑みにして3種混合にしました。ワクチン接種は年1回受けさせているので年間10000円かかります(2匹で)。

去勢手術

1匹8000円ほどかかりました。生後7か月くらいの時に手術しましたが、病気の予防にもなりますし、マーキングされる心配などもなくなるので去勢手術は受けさせましょう。メスの場合は手術費用がオスよりも数千円程度高くなります。

猫グッズ

エサ用食器(2個)と水飲み用の器(2個)・400円

100均のペットコーナーに売っていた食器と水飲み用の器を買いました。ペットショップに行けば食べやすい食器とかいろいろありますが、なるべく値段を抑えたかったので100均で済ませました。

トイレ・3500円×2個=7000円

猫を飼うときは猫用トイレは必須です。私は『楽ちん猫トイレ』というシステムトイレを買いましたが、猫砂もセットになっていました。

キャリーバッグ・3000円×2個=6000円

キャリーバッグは、猫を引き取りに行くときや動物病院に連れて行くときに使うのであらかじめ買っておきました。キャリーバッグは、かじって破られないようにプラスチック製のものが良いですよ。私は当初何の知識もなかったので、布製のものを買ってしまいました(笑)

爪とぎ器・600円

猫は習性で爪とぎをするので爪とぎ器は必須です。用意しておかないと壁とか柱に爪とぎをされてしまいますよ。猫によって爪とぎの好みもあるため、お試しで6個セットで600円くらいのものを買いましたが、2匹とも特に問題なく使用してくれました。ただ、バリバリと爪とぎをされ、3か月くらいですべてボロボロになってしまいました。

キャットタワー・8000円

キャットタワーは初めから用意する必要はありませんが、どうせ買うなら最初からあった方が猫も喜ぶかなと思って、あらかじめ買っておきました。価格も数千円~数万円とピンキリですが、それなりに背の高い方が良いかなと思って高さが150cmくらいのものにしました。

猫を飼うときに一ヶ月にかかる金額

我が家では月にかかる料金は2匹で約4000円です。毎月買っているものが下記の4つですが、おやつは特にあげなくても大丈夫ですよ。

  • 【キャットフード】2匹で2000円
  • 【おやつ】2匹で200円
  • 【猫砂】700円
  • 【爪とぎ】1000円

キャットフード

一ヶ月にかかるお金の大半を占めるキャットフード。値段も安いものから高いものまでいろいろあって、私も当初何を買えばいいか分かりませんでした。ただ、安いものは粗悪品が多いと聞いていたので、とりあえず安いキャットフードは除外することにしました。

いろいろと調べた結果、サイエンスダイエットというキャットフードに決めました。飼い始めたときは猫の毛がゴワゴワしていましたが、サイエンスダイエットを食べさせ続けたら毛艶が良くなって、撫でるとサラサラですごく触り心地が良くなりましたよ。

マル
栄養バランスが良いキャットフードを食べさせれば、毛並みや毛艶が良くなるんだニャ。

おやつ

総合栄養食のキャットフードを与えていれば基本的におやつはあげなくても良いのですが、たまには美味しいものをたべさせてあげたいし、猫も喜ぶので月に1〜2回おやつを与えています。おやつはみんな大好き『ちゃおちゅ〜る』です(笑)。

マル
できれば毎日食べたいニャ。

猫砂

トイレを2個使っていますが、3.5kgの猫砂を1ヶ月で使い切ります。3.5kgだと多そうに見えますが意外とすぐ無くなってしまいますね。

爪とぎ

ホームセンターで売っている1000円くらいのS字型の爪とぎ器を買っています。両面使えるし猫も好んで使っているので、ずっと同じものを使っていますが、1ヶ月で両面ともボロボロになってしまいます。

フク
猫にとって爪とぎは大事なことだから、定期的に買い替えたほうが良いニャ。

我が家では月にかかる金額はこんな感じです。今のところ病気にかからず元気いっぱいなので良いですが、病気になった時が大変なので、いずれペット保険には加入しようと思っています。

まとめ

我が家の場合、初期費用は2匹で約7万円、一か月にかかる費用は約4000円です。ワクチン接種や去勢・避妊手術などは、動物病院によっても金額が異なるので差は出てくると思いますが、おおよその目安にはなると思います。

こちらで紹介したもの以外にも飼っているうちに爪切りやブラシ、おもちゃなどいろいろと買うものが出てくるので、その都度お金がかかってしまいますし、猫が病気になった時は数万~数十万円とかかってしまうこともあります。

猫を飼うのは結構お金がかかるので、ある程度お金に余裕がないと飼うのは難しいでしょう。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.