猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫を飼うならオス・メスどっちが良い?

更新日:

猫を飼うときにオスとメス、どっちを飼おうか悩む方もいると思います。オスは甘えん坊、メスはしっかり者のイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか。

個体差はあるものの、オス・メスそれぞれ性格の傾向があるので、猫を選ぶときの参考にしましょう。

また、去勢・避妊手術を受けさせることのメリット・デメリットもご紹介します。

オス猫の性格

人と遊んだりするのが好きで、やんちゃな猫が多いのがオス猫の特徴です。また、メスよりもオスの方が甘えん坊が多いので猫と一緒に遊んだり、甘えられたいのであれば、オスを選ぶといいでしょう。

私も、猫を飼うときにオス・メスどちらを飼おうか迷いましたが、甘えん坊の方がかわいいかなと思ってオスにしました。

我が家の猫は2匹とも甘えん坊です。歩いていると足にまとわりついてくるし、私がくつろいでいても遊んで〜、撫でて〜とニャーニャー鳴いてきます。忙しいときや外出前にこれをやられると、ちょっとイラッとすることもありますが(笑)、それでもやっぱりかわいいです。

メス猫の性格

メス猫はツンデレな面を持ち合わせた、いわゆる『猫らしい』性格の子が多い傾向にあります。また、しっかりしていて精神的にも自立しているので、一人暮らしで飼うならメスの方が良いと考えられます。

猫と適度な距離を保ちたいのであれば、メスを選ぶといいでしょう。

猫の去勢・避妊手術について

猫は去勢・避妊手術をすると発情期がなくなるため、性的なストレスが軽減され、問題行動を起こしにくくなります。

猫の去勢・避妊手術をすることのメリット

去勢・避妊手術をしないでいると、発情期に以下のような行動をとるようになります。

【オス】攻撃的になり、マーキング(自分の縄張りにオシッコでにおいづけをする行為)をするようになります。においが強烈なので、掃除をしてもなかなかにおいが取れません。

【メス】大声で鳴くようになります(猫が人間の赤ちゃんのような鳴き声で「アオ~ン」と鳴いているのを聞いたことがありませんか?あの声です)昼夜問わず、ずっと鳴いているので近所迷惑になる可能性があります。

大抵の猫は、去勢・避妊手術をすることによって、このような問題行動を抑えられるようになり、性別問わず穏やかな性格になる傾向があります。

ただ、猫によっては去勢・避妊手術をしても、これらの行為をしてしまう可能性は少なからずあります。

猫の去勢・避妊手術をすることのデメリット

食欲が増加して肥満になりやすい傾向があるので、キャットフードをカロリー控えめで高タンパクなものにしたり、一緒に遊んで運動量を増やしたりして、肥満予防をしましょう。

手術費用の差

猫の去勢・避妊手術の費用は、地域や動物病院によっても差はありますが、おおよその目安は次のようになります。

去勢手術:10,000円~20,000円程度
避妊手術:15,000円~20,000円程度

ちなみにうちの猫たちは、去勢手術1匹8000円程度でした。手術後、エリザベスカラーをつけましたが2匹とも嫌がって暴れまわって大変でした。

まとめ

大雑把にいうと、オスは甘えん坊。メスはしっかりものの傾向があります。

ただ、個体差があるので、オスでも甘えん坊じゃない場合もありますし、メスでもべったり甘えてくることもあります。

また、猫の品種や飼い方などによっても性格に違いが出てきます。自分が飼いたいタイプの猫を飼いましょう。

-猫の飼い方
-, , , ,

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.