猫の飼い方がよく分かる!猫情報と猫日記のサイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

部屋が狭いと猫がかわいそう?猫を飼う時に大事なことは何?

更新日:

猫を飼うときに、部屋が狭いと猫がかわいそうだと考える方もいると思います。猫にとって部屋の広さは重要なのでしょうか?

ここでは猫を飼うときの部屋の広さのことや、猫用品の配置をどうすれば良いのかをご紹介します。

狭い部屋だと猫がかわいそう?

結論から言うと部屋が狭くても、猫がかわいそうだと思う必要はありません。

猫にとって大事なのは部屋の広さよりも、エサが確保できることと落ち着いて休める場所があることです。

また、運動させることも大事なので、上下移動ができるものは必ず置いてあげましょう。一番手っ取り早いのがキャットタワーですが、本棚やタンスなどで段差を作ってあげても良いでしょう。

エサとトイレの場所は重要

部屋が狭い場合は、エサや水飲み場、トイレ、キャットタワーなど、猫用品の置き方も慎重に考えなければなりません。

これらの猫用品の配置は、猫を飼う前に決めておきましょう。猫は環境の変化を嫌がるので、猫を飼った後に配置替えをすると、ストレスを与えてしまう可能性があります。

配置を決める時は、エサを食べる場所とトイレは最低でも1メートル程度離しましょう。猫はキレイ好きなので、エサがトイレの近くにあると、食欲が減退したりエサを食べなくなる可能性があります。

また、トイレは、落ち着いて排泄出来るように人通りの少ない場所に置いてあげるのが理想です。もし、部屋のスペース的に難しいようであれば、ドーム型のトイレを置いてあげると良いでしょう。

マル
トイレにいるとき人がいると落ち着かないニャ

部屋が狭い場合は多頭飼いは避ける

部屋が狭い場合は、下記のような問題が出てくるので多頭飼いは避けましょう。

病気になった時に隔離出来ない

猫が風邪をひいたりした時は、別の部屋に移して隔離した方が良いのですが、部屋が狭いと隔離するのも難しくなります。

猫同士の相性が悪いと大変

猫の相性は飼ってみないと分からないところもありますが、部屋が狭くて相性が悪かった場合、安心して休める場所がなくなってしまうので、猫のストレスにつながってしまいます。

追いかけっこをするので、ある程度の広さが必要

猫同士でじゃれあったり追いかけっこをしたりするので、多頭飼いをする時は、ある程度部屋が広い方が良いでしょう。

また、部屋が狭いと飼い主の寝室も猫の遊び場所も同じになるでしょうから、飼い主が寝ている最中にも猫が遊びまわって、うるさくて寝られないことも十分考えられます。

まとめ

猫を飼うときは、部屋が狭くても気にすることはありません。猫に必要なのは部屋の広さではなく、エサが確保できることと落ち着いて休める場所です。また、猫用品は意外と場所をとるので、よく考えて配置をしましょう。

-猫の飼い方
-, , , ,

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.