猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫アレルギーでも猫を飼いたい!猫アレルギーの5つの対策

更新日:

猫アレルギーだけど猫を飼いたい!という方はたくさんいると思います。でも『猫アレルギーだと猫が飼えないんじゃ…』、『どんな症状が出るの?』と不安になるかもしれません。

猫アレルギー持ちの方でも、薬で症状を抑えながら猫と生活をしていると言う方もいます。猫アレルギーは、基本的に治ることはありませんが、症状を抑えることは十分可能です。

私も軽い猫アレルギーですが、このページで紹介していることを実践しているおかげで、だいぶ症状を抑えることが出来ています。

また、猫を飼う前には必ず、自分や家族に猫アレルギーがないかどうかを病院で検査してから飼いましょう。程度によっては、飼うことをあきらめなくてはならない場合もあります。

ここでは猫アレルギーの原因や症状と、5つの対策をご紹介します。

猫アレルギーの原因

猫アレルギーの原因となるのは、猫のフケや唾液、尿などに含まれるたんぱく質(アレルゲン)です。猫がグルーミング(毛づくろい)をした時に、唾液が毛に付着してアレルゲンとなり、空気中に舞ったアレルゲンを人間が吸ってしまい症状を発してしまうのです。

もともと、アレルギー体質の人は、猫アレルギーになる確率が高いと言われています。猫を飼い始めてから猫アレルギーになってしまうという方もいるようですね。

私はもともと花粉症なのですが、鼻水が出たりクシャミが出たりと、猫アレルギーと症状が似ているので、花粉症なんだか猫アレルギーなんだか分からなくなります。

マル
飼い主さん、アレルギーでつらそうだニャ…。何とか出来ないかニャ。
フク
かわいそうだから、ペロペロ舐めてあげるニャ!
マル
…いや、余計に悪化するニャ。

猫アレルギーの症状

猫アレルギーになると主に下記のような、風邪や花粉症に似た症状が出ます。

  • 目のかゆみ・腫れ
  • 鼻水・鼻づまり
  • くしゃみ
  • せき
  • のどの痛み
  • 息苦しさを感じる

さらにひどくなると、ぜんそくや呼吸困難といった症状が出て、最悪の場合、死に至る可能性もあります。

猫アレルギーの対処法5選

こまめに掃除をする

猫アレルギーの対策として、アレルゲンを減らすことはとても重要です。そのためにも、掃除機やコロコロなどを使ってこまめに掃除をしましょう。可能であれば毎日掃除をした方が良いです。

私は、さすがに毎日はしんどいので、2、3日に1回程度掃除機をかけていますが、毛がたくさん取れます。

また、コロコロを使って毎日、カーペットや猫のベッドなどを掃除していますが、こんなに取れるの?というくらいゴッソリ毛が取れるので、コロコロの消費量がすごいことになっています。

猫アレルギーの原因となるアレルゲンは、軽くて空気中に舞いやすいので、いきなり掃除機をかけてしまうとアレルゲンが舞い上がってしまいます。

そのため、床を拭いたり霧吹きスプレーなどで部屋の湿度を上げた後に、掃除機をかけた方が良いですよ。

また、カーテンや壁にも猫の毛は付着するので、3ヶ月に1回程度カーテンを丸洗いしたり、こまめに壁を拭いたりしましょう。

マル
汚い部屋は衛生的に良くないニャ。

空気清浄機を設置する

猫のアレルゲンは、小さくて軽いため空気中に舞いやすいです。そのため、空気中のアレルゲンを除去するには、空気清浄機を設置することが効果的です。

実際、私も空気清浄機を設置した後は、猫アレルギーの症状が軽くなったように感じました。

空気清浄機を選ぶポイントは、HEPAフィルター付きの空気清浄機を買うことです。猫の毛だけでなく、空気中の目に見えない小さなゴミやホコリを吸い込んでくれる高機能なフィルターで、アレルゲンを取り除くのに効果的です。

別の記事に、オススメの空気清浄機や掃除のコツなどをまとめていますので、良かったら参考にしてみてください。

あわせて読みたい
猫の抜け毛がひどい!抜け毛に効果的な3つの対策と掃除法

猫のひどい抜け毛にお困りではありませんか?猫の毛は毎日のように抜け落ちるので、掃除をしても次の日には抜け毛だらけ…なんてこともありますよね。 ですが、きちんと対策をすれば抜け毛の量を減らせますし、猫ア ...

続きを見る

猫のブラッシングをする

猫の抜け毛を減らすためにもブラッシングは重要なので、こまめにブラッシングすることをオススメします。

ブラッシングをするときは、毛が舞いやすいので手袋やマスクを装着したほうが良いですよ。また、ブラッシング後にペット用のウェットシートなどで体を丁寧に拭いてあげると、より効果的です。

フク
ボクはブラッシングよりも、直接体にコロコロされる方が好きだニャ!
マル
変わった猫だニャー。

猫の毛が絡まりやすそうなものは置かない

毛布や布団、カーペットなどの布製品はアレルゲンが付着しやすく、空気清浄機や掃除機でも除去することが難しいです。

洗濯できるものであれば、こまめに洗濯をした方が良いのですが、一度猫の毛が不着してしまうと、洗濯をしてもなかなか毛が取れないんですよね。

ですので、猫の毛が絡みやすそうなものは、極力置かないようにするのが良いと思います。

猫を触った手で自分の顔を触らない

猫アレルギーであれば、猫を触ったり同じ空間にいない方が良いのですが、猫とのコミュニケーションもとらなくてはいけないので、そういうわけにもいきませんよね。

猫を触った手で、自分の目や鼻を触ってしまうと目のかゆみや、くしゃみ、鼻水といった症状などが出てしまいます。面倒かもしれませんが、猫を触った後は手を洗う習慣をつけましょう。

フク
猫アレルギーって大変なんだニャー。ボクは何もしてあげられニャいけど、頑張るニャ。
マル
…とりあえず、飼い主さんの顔をペロペロするのはやめた方がいいと思うニャ。

まとめ

猫アレルギー対策は、こまめに掃除をしたりブラッシングをして、アレルゲンを取り除くことが重要です。

猫アレルギーは、基本的に治りません。しかし、猫アレルギーでも猫を飼っている方はたくさんいるので、猫アレルギーと上手につきあって猫との生活を楽しんでくださいね。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.