猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫の抜け毛がひどい!抜け毛に効果的な3つの対策と掃除法

更新日:

猫のひどい抜け毛にお困りではありませんか?猫の毛は毎日のように抜け落ちるので、掃除をしても次の日には抜け毛だらけ…なんてこともありますよね。

ですが、きちんと対策をすれば抜け毛の量を減らせますし、猫アレルギーの場合は症状を和らげることもできますよ。

ここでは、猫の抜け毛に効果的な3つの対策と掃除法についてご紹介します。

換毛期は猫の抜け毛がひどくなる

春と秋頃になると、なんだかいつもより抜け毛が多いなと感じませんか?これは換毛期と呼ばれるもので、3月と11月頃の年2回、抜け毛の量が増えてしまうのです。

換毛期は人間でいうと衣替えのようなものです。秋になるとふわふわした保温性の高い毛に生え替わり、春になるとそれらの毛がいっせいに抜けて通気性が良くなります。

また、抜け毛の量が多いと猫がグルーミングをすることで飲み込む毛の量も増えてしまい吐きやすくなったり毛球症になる可能性も高くなってしまいます。

フク
毛球症って何だニャ?
マル
飲み込んだ毛が胃や腸の消化器官で、かたまりになってしまうことで起きる病気のことだニャ。

体内に入った毛は消化できないので、通常はうんちと一緒に排出されたり、毛玉を吐いたりすることで処理されます。

ただ、毛玉が大きくなりすぎると体内から出すのも困難になるので、開腹手術によって取り出すしかなくなってしまいます。そうならないためにも、きちんと対策をすることが大事なのです。

私の場合、換毛期になると猫アレルギーの症状が強く出てしまうので、ブラッシングや部屋の掃除などをいつもより念入りに行うようにしています。

完全室内飼いの猫であれば、外よりも気温差の少ない家の中で快適に過ごせるので、わざわざ衣替えをする必要もなくなってしまいます。そのため、一年中抜け毛が多い猫も多いようですよ。

換毛期以外にも抜け毛がひどい場合は病気の可能性も

換毛期以外の時期にも抜け毛がひどかったり、部分的に毛が抜けている場合は、病気になっている可能性もあるので要注意です。脱毛の原因はさまざまですが、アレルギーやストレスなどが原因の場合もあります。

あわせて読みたい
猫の部分的な抜け毛は病気のサイン?注意したい3つの症状

続きを見る

猫の抜け毛に効果的な3つの対策

1.ブラッシング

抜け毛を減らす一番のオススメはブラッシングをすることです。私もヒマを見つけてやっていますが、どこにこんな大量の毛を隠し持っているのだろうと不思議になるほど、たくさん取れます。

ブラッシングをされたフク

ブラッシングをするとこんなにたくさんの毛が!フクの表情がどことなく哀愁漂っています。使用しているのはラバーブラシです

やってもやっても毛が取れるので、そのうちハゲないか心配(笑)…というか、やりすぎると本当にハゲたり、皮膚が傷ついてしまうので、ほどほどにしておいてくださいね。

フク
ブラッシングはどのくらいの頻度でやれば良いんだニャ?
マル
長毛種は毎日、短毛種なら週に2、3回程度(可能であれば毎日)してあげるのが良いニャ。

抜け毛を取り除くオススメのブラシは?

ブラシにはいくつか種類があり『換毛期で抜け毛がひどいから除去したい』『毛玉をほぐしたい』などのように、目的によって使うブラシが変わってきます。今、このページをご覧になっている人は、猫のひどい抜け毛でお困りだと思うのでアンダーコートブラシを使用しましょう。

フク
アンダーコートって何のことだニャ?
マル
猫の被毛にはオーバーコートとアンダーコートがあるんだニャ。オーバーコートは体の外側を覆っている毛、アンダーコートが内側にある毛で体を保温する役割があるんだニャ。
フク
ニャるほど。
マル
換毛期に抜けるのは、ほとんどがアンダーコートだからアンダーコートブラシを使うのが良いんだニャ。

アンダーコートブラシで人気があるものといえば『ファーミネーター』ですね。猫を飼っている人なら聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

通常のブラシは1000円程度で手に入りますが、ファーミネーターは5000円前後と値段が高めです。ただ、その分効果も大きいです。

口コミを見ると「毛がごっそり取れる」というような声が目立ちますが、それもそのはず、不要な抜け毛(アンダーコート)を最大90%も除去できるのです。

ブラッシングは7〜10日おきにすれば大丈夫なので、お手入れの手間も減りますね。

フク
やり過ぎるとハゲるから気をつけるニャ。

ファーミネーターには長毛種と短毛種用や、小型猫や大型猫用の種類があります。ひどい抜け毛に困っているのであれば買ってみる価値は十分あるでしょう。

言葉だけじゃ分かりづらいと思うので、実際にファーミネーターを使用している動画を見てみてください。

ただし、模造品も出回っているようなので気をつけましょう。模造品は作りが雑なので壊れやすいようです。

◎ブラッシングを嫌がる猫にはラバーブラシがオススメ

ラバーブラシは、ゴムやシリコン素材で作られた柔らかいものなので、マッサージ感覚でブラッシングが出来ますよ。我が家ではラバーブラシを使っていますが、毛も結構取れるし処理も簡単なので良いですね。

フク
ラバーブラシは感触が柔らかいから気持ちが良いんだニャ。

うちの猫たちはブラッシングが嫌いだからラバーブラシを使っているわけではなく、何個かブラシを試してみた中で、一番気持ち良さそうにしていたのがラバーブラシだったので使っています。

猫にも好き嫌いがあるので、ブラッシングをする時は猫の好みのブラシを使ってあげると良いですよ。

ブラッシングのやり方

ブラッシングのやり方ですが、以下の4つのポイントを抑えておきましょう。

1.事前に濡れタオルやペット用のウエットシートで猫の体を湿らせておきましょう。毛が空中に舞い上がるのを防ぐ効果があります。

2.猫が落ち着いている時に行うこと!無理にやろうとすると嫌がってブラッシングをさせてもらえなくなる場合もあります。もし、ブラッシングの途中で嫌がるようなそぶりを見せたら一旦やめて、しばらくしてからやりましょう。

3.ブラッシングは毛の流れに沿って、優しく撫でるように行ってください。同じところを何回もやると薄毛の原因にもなるので、体全体をまんべんなくやる感じです。特に、首やお腹、足の付け根は毛玉が出来やすいのでしっかりブラッシングしてあげてください。

4.一回のブラッシングにかける時間は3分くらいにしておきましょう。毛がたくさん抜けるので、ついつい長々とやってしまいたくなりますが、あまり長くやってしまうと猫に嫌がられたり怒られたりしますよ。

シャンプーや爪切りなども仔猫の時に習慣づけておくことをオススメします。成長してから習慣づけようとしても嫌がられる可能性が高いです。

2.シャンプー

ブラッシングよりもシャンプーをした方が抜け毛をラクに取り除けるのですが、水が嫌いな猫は多いですよね。逃げ回ったり暴れたりと大変なうえ、大きなストレスにつながることもあります。

もし、嫌がってどうしても無理そうな場合は、濡れタオルやペット用のウエットシートなどで拭き取るだけでもスッキリきれいになりますよ。

私も1度、猫たちにシャンプーをしてみようと思ったのですが、ほんの少し水がついただけでピューっと逃げだしてしまったのであえなく断念しました。

フク
どのくらいの頻度でシャンプーすれば良いんだニャ?
マル
短毛種なら換毛期の3月と11月頃に1回ずつ、長毛種なら1ヶ月に1回程度やるニャ。

3.空気清浄機

猫の毛は軽いので空中に舞いやすいです。ご飯を食べているときなんかに空中に毛がたくさん舞っていると思うと嫌ですよね。そんな時は空気清浄機を設置するのがオススメです。

ただ、普通の空気清浄機では猫の毛は吸い取れないのでHEPAフィルター付きの空気清浄機を購入しましょう。HEPAフィルターは猫の毛のような小さなゴミやホコリをキャッチしてくれます。

また、加湿機能が付いているものだとなお良いです。部屋の中の湿度が低いと、猫の肌が乾燥してフケが出やすくなったり、猫風邪にかかってしまう可能性が高くなってしまうからです。

マル
保湿は大事だニャ。
私が購入した空気清浄機は『シャープ 加湿空気清浄機 プラズマクラスター KC-G50』です。

いろいろなものがあってかなり迷いましたが、下記のような理由で購入を決めました。

  • HEPAフィルターが付いている
  • 加湿機能が付いている
  • リーズナブルな価格
  • ネットのクチコミ評価が良い(コレ大事(笑))

空気清浄機は高いものだと5万円を超えるものもありますが、私が購入した『KC-G50』はAmazonで1万4千円くらいで売られていました。

猫の毛以外にも花粉やウィルス、ニオイなどいろいろなものを除去してくれますよ。

↓こちらのシャープのサイトに詳しく書いてあります。
https://cgi.jp.sharp/kuusei/products/kcg50-detail.html

私は軽い猫アレルギーなのですが、空気清浄機を設置しているのといないのとでは症状の出方がだいぶ違います。私の個人的な感想ですが、設置前は鼻水やクシャミ、目のかゆみなどがありましたが、設置後はそれらの症状がだいぶ緩和されたので、ある程度の効果があると思いました。

たまにフィルターを掃除すると結構汚れているので、ちゃんと空気中のゴミを集めてくれているんだなぁと感心しています。

空気清浄機KC-G50

KC-G50は型落ちモデルなので安いですが、機能は最新モデルとそれほど変わりません。ちなみに右上の数字は部屋の湿度です。

猫の抜け毛の掃除法

掃除機

床に落ちた抜け毛の掃除はやっぱり掃除機ですね。事前に霧吹きスプレーで室内に水を吹きかけて湿度を上げておけば、毛が飛びにくくなります。

この時、床にスプレーするのではなく空中にシュッシュッとスプレーをするのがポイントです。ただ、加湿器を使っている場合はスプレーする必要はないですよ。

フローリングの場合は、ウエットシートや濡れぞうきんなどを使えば、毛が空中に飛びにくくなります。

ちなみに我が家では、換毛期になると2日に1回くらいのペースで掃除機をかけますが、片手にどっさり乗るくらい毛の量がとれます。2匹分とはいえ、すごい毛の量ですよね。

フク
掃除機で吸われるのが好きな猫もいるみたいだニャー。マルも吸われてみるニャ。
マル
却下ニャ。

洗濯

猫を飼っていると、必ずと言っていいほど直面する問題が服に毛がついてしまうことです。洗濯をしても毛が残っているので、結局コロコロで取っているという人も多いのではないでしょうか。

そんな時に使いたいのがペットの毛が付きにくくなるという洗濯用洗剤『リモサボン』です。この洗剤を使うと、毛を付着しにくくするだけではなく服に付いた毛が取りやすくなり、手で払うだけで簡単に毛を落とせるようになります。

ただ、リモサボンは全く毛が付かなくなるわけではなくあくまでも毛を付きにくくするものなので過剰な期待はしない方が良いでしょう。

また、使ってすぐに効果が出るわけではなく、ある程度使い続けないと効果が出にくいようです。それでも洗剤だけで抜け毛対策が出来るならラクで助かりますよね。

コロコロ(粘着性ローラー)

服についてしまった毛や、カーテンやカーペットなどに付着した毛を取り除くのに便利です。猫を飼っている人には必需品ですね。

猫によっては、直接体にコロコロをしてもらうのが好きな猫もいるようです。我が家のフクがまさにそうなのですが、直接体にやってあげると喜んでゴロゴロ言っています(マルは嫌がってすぐに逃げてしまいます…)。

コロコロをされるフク

コロコロをされて、のどをゴロゴロ鳴らしご満悦のフク

ただ、本来は猫に直接使うものではないので、あまりおすすめは出来ません。もしやるのであれば、くれぐれも粘着力が強いままやらないようにしてくださいね。猫が痛がりますし、必要な毛まで抜けてしまいます。床などに何回か転がして粘着力を少し弱めてから使うと良いですよ。

ぱくぱくローラー

コロコロと同じような感じで床を転がすだけで、カーペットやソファーなどに付着した猫の毛を取ってくれるという優秀なグッズです。しかし、コロコロと決定的に違うのはコストがかからないところです。

スペアテープをその都度買わなければならないコロコロと違って、ぱくぱくローラーはスペアテープも不要、電気も使いません。

↓こちらは、猫の毛がびっしりついた毛布に、ぱくぱくローラーを使用している動画です。

ただ、やっぱり難点もあります。

平らな場所じゃないとうまく毛が取れないです。私の場合ですが、猫と遊んだりした後に、服に付いた毛をぱくぱくローラーで取ろうとしたのですが、うまく取れませんでした。どうやら起伏がある場所での使用は向いていないようです。

あと、食べカスや小さいゴミが取れないところでしょうか。あくまでも毛やホコリを取るためのグッズです。それでも、ネットのクチコミではかなりの高評価を得ているので、ひとつ持っておいて損はないと思いますよ。

まとめ

換毛期になると猫の抜け毛がひどくなりますが、それ以外の時期にも抜け毛がひどかったり、部分的に脱毛している場合は病気の可能性もあります。

猫の抜け毛は軽いので家じゅうのいたるところに付着します。そのままにしておくと衛生的にも良くないので、日頃からブラッシングなどで抜け毛を減らしたり掃除をすることを心がけましょう。

きちんと対策をしていれば、猫アレルギーの症状もある程度和らげることが出来ますよ。

-猫の飼い方
-

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.