猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

留守中に猫が問題行動…猫の分離不安症の症状と対策

更新日:

分離不安症って何?と思うかもしれませんが、簡単に言うと、飼い主の留守中に問題行動を起こしてしまう心の病気です。元々は犬がなりやすい病気でしたが、近年では猫も分離不安になってしまうケースが増えています。

ここでは、猫の分離不安の症状と対処法をご紹介します。

分離不安症とは?

分離不安症は元々は犬がかかりやすい心の病気です。犬は集団行動を好むので、群れのリーダーである飼い主が、自分のそばから離れることに不安を感じてしまいます。そのため、分離不安になると飼い主が留守の間、寂しくてずっと吠えたり、ものを破壊したりとさまざまな問題行動を起こしてしまうのです。

猫は自由気ままで、単独行動が好きそうなイメージがあるから、平気なんじゃない?と思うかもしれません。しかし、完全室内飼いの猫が増えた現在、飼い主に過度に愛情を注がれた結果、猫が飼い主に依存してしまい、分離不安になってしまうケースが増えています。

ひどくなると、うつに近い状態になってしまうこともあるため、症状が疑われるような場合は早めに動物病院に連れて行きましょう。

分離不安症の症状

分離不安症になると下記のような問題行動を起こします。

  • 留守中にずっと鳴いている
  • トイレ以外の場所に粗相をする
  • 元気がなくなる・食欲の低下
  • 嘔吐・下痢をする
  • 攻撃的になる
  • 破壊行動
  • 過剰なグルーミング

こういった症状が見られる場合、分離不安症を疑ったほうが良いでしょう。分離不安症は、時間がかかりますが治すことは可能です。

分離不安症になってしまう原因

猫が親離れ出来ていない

仔猫の時から猫を飼っている場合、親離れができていない猫は、自立心が育たず飼い主を親のように慕って甘えます。特に、オス猫の方が甘えん坊が多く、依存心が強くなりやすい傾向にあるので、猫の自立心を育てることが大切です。

分離不安症の対策

猫に構い過ぎない

猫が甘え鳴きしたり、まとわりついてきたときに、すぐ抱っこしたり撫でたりというのは何気なくやってしまいがちな行動です。しかし、猫に構いすぎてしまうと、飼い主に対して依存心が増してしまい、飼い主が同じ空間にいないことに不安を感じるようになってしまいます。

基本的には、こちらから猫に構うのは控えて、猫が甘えてきても少しずつ構う時間を減らして猫の自立心を育てていくようにしましょう。

留守中も猫が安心できる環境づくりをする

留守中に猫が不安にならないように、環境を整えてあげることも大事です。飼い主のにおいがついたものを置いてあげたり、ベッドやキャットタワーなど、安心して休める場所を作ってあげましょう。また、おもちゃを置いておいて猫が遊べるようにしておけば、寂しさをまぎらわせることもできます。

多頭飼いにする

一人暮らしで猫を一匹だけ飼っている状況だと分離不安症になりやすいです。一人暮らしだと、日中、仕事や学校などで留守にするため、猫は寂しさを感じてしまいやすくなります。多頭飼いにすることで、猫同士で遊んでくれるので、分離不安になるリスクを抑えることが出来ます。

ただ、多頭飼いはデメリットも伴うので、よく検討したうえで決断しましょう。

あわせて読みたい
多頭飼いのメリットデメリット
猫は多頭飼いの方が良い?多頭飼いのメリットとデメリット

猫を飼い始めるときに迷うことのひとつが、多頭飼いにするかどうかですよね。特に一人暮らしや日中留守にすることが多い場合は、2匹以上いた方が留守番中に寂しくないのかなと考える人もいるのではないかと思います ...

続きを見る

外出前と後は猫に話しかけない

猫は賢いので飼い主の行動を見て、出掛けようとしている気配を感じ取ります。

外出する前や帰宅後は「行ってくるよー」、「ただいまー」などと声をかけたり、猫に寄っていってしまいがちですが、このような行動をとることで、猫が飼い主のいない時間をはっきり意識するようになってしまうため、不安感が増してしまいます。

出かけるときは出来るだけ自然を装い、猫に『飼い主はいつの間にかいなくなってるけど、ちゃんと帰ってくる』ということを覚えさせましょう。

まとめ

分離不安になってしまうと、症状の改善には時間がかかってしまいます。猫が甘え鳴きしてきたり、まとわりついてきても心を鬼にして、少し猫との距離を置いて猫の自立心を育てましょう。症状の改善が見られない場合、別の病気の可能性もあるので動物病院の診療を受けましょう。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.