猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

【猫の留守番】冬の寒さ対策。気をつけたい5つのこと

投稿日:

猫の寒さ対策イメージ写真

猫を飼うときに心配になることのひとつが、冬場、猫に留守番をさせるときの寒さ対策です。誰もいない時間、猫が寒くて震えているのではないかと思うと気が気じゃないですよね。

特に、東北や北海道のような、一日中気温が氷点下になることがざらにある地域の場合は、余計に心配になってしまいます。

ここでは、冬場、猫に留守番をさせるとき気をつけたい5つのことをご紹介します。

猫は寒さに弱い?強い?

猫の祖先はもともと砂漠で生活していたこともあり、暑さに強く、寒さに弱いイメージがありますが、個体差があるため、一概に寒さに弱いとは言えません。ただ、子猫や高齢猫は体温調節がうまくできないので、慎重に温度管理をしてあげることが必要です。

マル
短毛種より長毛種の方が寒さに強いみたいだニャ。

うちで飼っているマルは、とても寒がりで、いつもストーブの前に陣取って気持ち良さそうに寝ていますし、フクはある程度の寒さは平気なようで、わざわざ寒い部屋に行って、どこを見るわけでもなくボーッと座ってたりします(笑)

フク
ボーッとしてるんじゃなくて、寝てるんだニャ。
マル
目を開けたまま座って寝ているなんて不気味な猫だニャ。

ちなみに、猫が寒さを感じている場合は、体を丸くする、毛をブワッと逆立てて体をふくらませる、震えているなどの行動が見られます。見た目からして寒そうなのが分かりますよね。これらの行動が見られる場合は、暖房器具などを使って部屋の温度を調整しましょう。

寒さ対策は必要?猫が快適に感じる温度は?

家にいるときは暖房をつければ解決するのですが、問題は留守番をさせるとき。ストーブやコタツなどの暖房をつけて出かけると火事の心配もありますし、頭を悩ませるところですよね。

私も冬場、初めて猫に留守番をさせるときに結構悩みました。いろいろ調べてみても『野良猫は寒い中、外で普通に生きてるから、家猫なら寒さ対策は不要』だとか『猫は寒がりだから、ある程度の寒さ対策は必要』だとか、結局どうすればいいんだろう、という感じでした。

ちなみに、猫が快適に感じる室温は20〜26度くらいです。暖かい地域ならともかく、私のように寒い地域に住んでいるような場合は、部屋の温度も低くなりがちなので、寒さ対策は必要です。

フク
寒いと猫風邪をひきやすくなったりするから、寒さ対策してもらえると助かるニャ。

冬、猫に留守番させるときに気をつけたい5つのこと

部屋の温度だけじゃなく湿度にも気をつける

部屋の温度もそうですが、冬は乾燥にも気をつけましょう。空気が乾燥すると人間も風邪をひきやすくなりますよね。これは猫も同じことで、空気が乾燥していると猫風邪やウイルス感染などのリスクが高くなってしまいます。

また、猫に留守番をさせるときに、寒くないようにエアコンをつけっぱなしにすることもあると思いますが、エアコンをつけると部屋の中が余計に乾燥してしまうので、加湿器などを使って湿度を50〜60%に保つように心がけましょう。

我が家では加湿機能付きの空気清浄機を使っていますが、手っ取り早く加湿したいのであれば、濡れタオルや洗濯物などを部屋干ししておくだけでも、効果がありますよ。

マル
湿度を上げすぎると窓が結露しやすくなって、カビが発生したりするから気をつけるニャ。
フク
大丈夫ニャ。窓が結露したらボクが水滴をぺろぺろ舐めるのニャ。
マル
…汚いニャ。

暖房をつけっぱなしにして出かけない

猫が寒くてかわいそうだからといって、ついついストーブやコタツなどをつけっぱなしで出かけたい気持ちになるかもしれませんが、絶対にやめましょう。猫がコードをかじって感電したり、火災に発展してしまうことがあるからです。

あわせて読みたい
猫の感電に要注意!猫が電気コードをかじる時の対処法

続きを見る

湯たんぽなどによる低温やけどに注意

ストーブやコタツなどの暖房を使う場合、火事などの心配があるため、湯たんぽやペット用ホットカーペットなどを使っているというケースもあると思います。

たしかに、火事の心配がなく一定の保温効果は得られますが、適切に使用しないと低温やけどをする可能性が出てきます。湯たんぽなどを使用する際は、タオルにくるむなどして、直接猫の体にあたらないようにしましょう。

うちも、最初は湯たんぽを使っていたのですが、猫たちがあまり気に入ってくれず、今はペット用ホットカーペットを使っています。キャットハウスの中に入れて使っていますが、手を入れるとほんのり暖かいですし、ハウスの中で2匹でくっついて寝てるのでかなり暖かいのではないかと思います。

フク
猫はお腹を温めることで、体温を保つことができるからペット用ホットカーペットは猫にとって、良いグッズだニャ。
マル
ペット用ホットカーペットはコンセントをかじられても大丈夫なように作られてるから安心だニャ。

猫のベッドは置き場所に気をつける

うちの猫たちもですが、寒くなるとキャットタワーなどの高い場所で寝ていることが増えたりします。これは、暖気は上に、冷気は下にたまるため、高い場所の方が暖かくて過ごしやすいからです。

ですので、猫用のベッドを床にそのまま置いている場合は、猫が寒がっている可能性があるので、できるだけ高い場所に設置してあげると良いでしょう。我が家では、床からの冷気がすごいのですが、高い場所にベッドを置くスペースが無いので、床に厚手のクッションを敷いた上にベッドを置いています。これだけでも床からの冷気はだいぶ防げると思います。

また、部屋が寒くなる原因のほとんどが窓からの冷気なので、猫用ベッドはできるだけ窓から離してあげることも大事です。

毛布の中にもぐるマル

猫は寒いと自分で暖かい場所を探して移動します。写真は子猫のときのマルです。このときは、毛布の中が暖かくて居心地が良かったのかなかなか外に出てきませんでした(笑)

飲み水は凍らないように注意する

これについては、寒い地域に住んでいる人に限った話ですが…

私の住んでいる所は、冬になると日中ずっと氷点下という日もあり、家自体も古いため、家の中がかなり寒いです。そのため、置いておいた飲み水が凍ってしまうなんていうこともありました。

あまり、飲み水が凍るほど寒い家に住んでいる人はいないかもしれませんが、もし、そのような家にお住まいの場合は、循環式の自動給水機を使ってみると良いかもしれません。我が家でもピュアクリスタルという自動給水機を使っていますが、常に水が循環しているので、今まで一度も凍ったことはありません。もし、飲み水が凍ってしまってお困りであれば、オススメですよ。

猫は普段から水をあまり飲まない生き物ですが、冬になると余計に飲まなくなる傾向にあります。だからといってそのまま放っておくと、尿路結石などの病気になるリスクも高くなるので、ある程度の水は飲ませなくてはいけません。

うちの猫たちは、ピュアクリスタルのおかげで、冬でもピチャピチャと一生懸命水を飲んでいます(笑)

あわせて読みたい
【猫用】自動給水器ピュアクリスタルを使ってみた感想

続きを見る

まとめ

冬、猫に留守番をさせるときに気をつけたいことをご紹介しました。一人暮らしだと留守にすることも多いため、寒さ対策をどうしたら良いか戸惑うこともあるかもしれませんが、毛布や猫ハウスなどを用意して、猫が寒さをしのげるようなスペースを作ってあげることが大切です。

また、ストーブやコタツのつけっぱなしは、火事の危険があるので、絶対にやめましょう。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.