猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

【飼いやすい猫】一人暮らしや初心者にオススメな猫の種類と特徴

更新日:

おとなしい猫

一人暮らしや初めて猫を飼うときに心配になるのが『猫が暴れて家の中がメチャクチャになったり、騒音で近所迷惑になってしまうかもしれない』ということ。

やっぱり、うるさく暴れまわる猫よりも、おとなしい方が飼いやすくて良いですよね。うちの猫たちみたいに留守番中に暴れて部屋の中を荒らしたり、私が寝ている時に暴れたりするといろいろと面倒ですし(笑)

ここでは、一人暮らしや初めて猫を飼う人でも飼いやすい猫の種類についてご説明します。

一軒家ならともかく、アパートやマンションなどで猫を飼う場合は、ドタバタと暴れたり、ニャーニャー騒ぐことで周りに迷惑をかけてしまうことも充分考えられますよね。

私も当時は『猫といっぱいふれあいたいから、甘えん坊の猫を飼おう!』と決めていたため、飼いやすさについてはほとんど考えていませんでした。今となっては『もう少しおとなしい猫を飼うべきだった』とちょっとだけ後悔しています(笑)

フク
何で後悔するニャ?ボクたちはおとなしくて上品だから飼いやすいじゃニャいか。
マル
上品でもないし、どちらかというとうるさいと思うニャ。

一人暮らしでも飼いやすい猫の種類

スコティッシュフォールド

スコティッシュフォールド

日本でも人気のあるスコティッシュフォールド。ぺたんと折れた耳や、まん丸なお目目が特徴的な愛らしい猫です。性格もおだやかで人懐っこいので、一人暮らしや初心者でも飼いやすい猫です。また、運動量も少なめなので家の中で暴れ回ることも少ないでしょう。

うちの猫たちは、寝起きだと目つきがものすごく悪いので、まるまるとしている目がうらやましいです(笑)

ペルシャ猫

ペルシャ猫

猫のことをあまり知らない人でも、一度はその名を聞いたことがあるであろうペルシャ猫。上品さが漂うその風貌から何となくワガママで飼いづらそうな印象がありますが、意外にも初心者でも飼いやすく、芸能人でも飼っている人が多いんです。

性格はもの静かで、のんびりしている子が多いので、一人暮らしや初めて猫を飼う人にもオススメです。運動量が少ないことも相まって、家の中を走り回ってモノを破壊することもあまりないでしょう。外見だけでなく中身もお上品な猫ですね(笑)

鳴き声も小さめで、無駄に鳴いたりしないのも飼いやすいポイントのひとつですね。ただ、長毛種なので、抜け毛の掃除やブラッシングなどのお手入れが大変というデメリットはあります。

ロシアンブルー

ロシアンブルー

あまり鳴くことがなく、頭が良くてしつけがしやすいロシアンブルー。しっかりお留守番もこなしてくれるので安心して飼えます。

飼い主に忠実な性格なので、どちらかというと猫というよりも犬に近い感じでしょうか。警戒心が強く基本的には飼い主以外にはなつかないため、来客が多い家で飼う場合は、ストレスを与えてしまう原因になりかねません。

また、嫉妬心も強い傾向にあるので、多頭飼いにはあまり向いていないと言えるでしょう。

マンチカン

マンチカン

短い足でパタパタと動く姿が可愛らしいマンチカンは、遊ぶのが大好き。人懐っこい性格で気性もおだやか、甘えん坊だけど留守番はしっかりこなしてくれるという万能な猫ちゃんです。

その性格のおかげで多頭飼いをする場合でも、安心して飼うことができます。私も猫を飼うとき、マンチカンを飼いたいと思っていたんですけど、残念ながらめぐり会えませんでした…

フク
ボクもマンチカンみたいに短足になるように努力するニャ!
マル
努力でどうにかなることじゃナイと思うニャ…

一人暮らしでも飼いやすい猫の選び方

メスの方がオスよりおとなしい傾向

性格で言うと、オスはヤンチャで甘えん坊、メスはしっかり者で落ち着いている傾向があります。

以前、猫を飼っている知人の家に行った時に、オスとメスの猫が1匹ずついたのですが、オスは割と元気に走り回ったりしていたのですが、メスは部屋の隅っこの方で優雅に(?)毛づくろいをしていたので、やっぱりオスの方がヤンチャなのかなと思いました。

もちろん、個体差があるので『絶対にメスの方がおとなしい』とはいえませんが、おとなしい猫を飼いたいのであればメスを選んだ方が良いのかなと思います。

うちの猫は2匹ともオスで、2匹とも暴れん坊キャットなので手に負えません(笑)

あわせて読みたい
猫を飼うならオス・メスどっちが良い?オスとメスの性格の違い

猫を飼うときにオスとメス、どっちを飼おうか悩む方もいると思います。一般的にオスは甘えん坊、メスはしっかり者のイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか。 個体差はあるものの、オス・メスそれぞ ...

続きを見る

飼うなら短毛種!お手入れや掃除の面でオススメ

猫には短毛種と長毛種がいますが、一人暮らしで飼うなら短毛種がオススメです。短毛種の方が抜け落ちる毛の量も長毛種に比べて少ないですし、ブラッシングの頻度も少なくて済みます。

掃除が好きならともかく、一人暮らしであれば掃除をするのも結構面倒ですし大変ですよね。うちの猫も短毛種ですが、毎日のように毛が抜け落ちてしまい、掃除が面倒です。掃除機もこまめにかけて、暇さえあればコロコロで抜け毛を取っている状況です。

ただ、これが長毛種だったらもっと抜け落ちているはずなので、その点で言えば短毛種を飼って良かったと思います。

あわせて読みたい
猫の抜け毛がひどい!抜け毛に効果的な3つの対策と掃除法

猫のひどい抜け毛にお困りではありませんか?猫の毛は毎日のように抜け落ちるので、掃除をしても次の日には抜け毛だらけ…なんてこともありますよね。 ですが、きちんと対策をすれば抜け毛の量を減らせますし、猫ア ...

続きを見る

子猫より成猫の方が手間がかからない

猫を飼うなら子猫の時から飼いたい、という人も多いと思いますが、子猫は成猫に比べてお世話が大変なので、家を留守にしがちな一人暮らしであれば成猫を選んだ方が安心だと思います。

ただ、子猫より成猫の方が警戒心が強いので、家や飼い主に慣れるまで時間がかかってしまいがちです。

私は一人暮らしですが、かわいい姿を堪能したかったので子猫から飼い始めましたが、やはり留守番をさせるときはかなり不安がありました。子猫は好奇心が旺盛なので誤飲の可能性も増えますからね。

今はうちの猫たちも成猫になってしまいましたが、たまに子猫のときに撮った写真を見て『この頃は可愛かったなぁ〜』と思い出にひたっています(笑)

フク
まるで『今はかわいくない』みたいな言い方だニャ!
あわせて読みたい
一人暮らしで猫に留守番をさせても大丈夫?留守番をさせる時の注意点

一人暮らしや共働きの場合などは、日中、仕事や学校に行かなくてはいけないので、猫に留守番をさせなくてはいけませんよね。 私も一人暮らしで日中は仕事で外に出るため、猫に留守番をさせることが多いのですが、半 ...

続きを見る

まとめ

一人暮らしや初めて猫を飼う人にオススメの種類と選び方をご紹介しました。留守番がきちんとできて、鳴き声も小さめ、性格もおだやかな猫たちなので、安心して飼えると思います。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.