猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫の感電に要注意!猫が電気コードをかじる時の対処法

更新日:

飼い猫が電化製品のコードを噛んで困っていませんか?猫の性格にもよりますが、噛み癖のある猫は、電気コードも平気でガシガシとかじってしまうことがあります。

噛んだことによって猫が感電してしまい、最悪の場合、死に至る可能性もありますし、コードがショートして火事になってしまうことも考えられるので、早めに対策をした方が良いでしょう。

ここでは猫が電気コードをかじる時の対処法をご紹介します。

何で猫は噛みたがるの?

猫は本能的に、動くものや紐状のものを噛むので、じゃれて遊ぶ感覚でコードを噛んでしまいます。また、猫は噛みごたえのあるものが好きなので、紐や電気コードなどは噛み心地が良く、噛むのにうってつけなのです。

成猫になると噛む力も強くなるので、細い電気コードくらいなら平気で噛みちぎってしまいます。そうならないためにも、仔猫のうちからしっかりしつけをしておきましょう。

マル
噛みごたえは猫にとって大事なことニャ~

猫が電気コードをかじってしまうときの対策

しつけをする

仔猫のうちからしっかりしつけをしておけば、成猫になってもかじらなくなります。猫のしつけは難しくてなかなか言うことを聞いてくれませんが、感電してしまうリスクを考えれば、手間を惜しんでいられませんよね。

コードのような紐状のものを噛むのは本能的なことなので、しつけることはかなり難しそうですが、噛んでいるのを見かけたら、大きな音を出してやめさせたり、他のおもちゃを与えて猫の興味をそらしましょう。根気強くしつけをすることで、猫の噛み癖も抑えられます。

コードをまとめる

細いコードでも、何本かまとめてしまって太くすれば、猫もかじるのを諦めてくれる場合があります。細くて噛みやすいコードにしか興味がない猫もいるからです。

フク
かじりたいけど太くてかじりにくいニャ

電気コードにカバーをかぶせる

しつけをしても噛み癖がおさまらない場合は、コードにカバーを被せてしまいましょう。スパイラルチューブという、コードを保護してくれるものがホームセンターや100均などで手に入るので、そちらを購入しましょう。

この方法のメリットは、一度カバーを被せてしまえば、噛みちぎられることもないので、取り替えなくて良いことです。デメリットは、被せるのに手間がかかることです。(私が不器用なだけかもしれません)

私もホームセンターで30メートルくらいのコルゲートチューブを購入して、家中のコードに被せましたが、コードが多かったせいか、すぐに足りなくなってしまいました。

購入する時は多めに買っておいた方が良いかもしれません。

万が一、猫が感電してしまった場合は?

もし、猫が電気コードの近くで倒れていた時や、感電が疑われる場合は、むやみに猫に触らないようにしましょう。猫が帯電していて、触ると感電してしまう可能性があるからです。

まずはブレーカーを落として、コンセントからコードを抜きます。そして、ゴム手袋など電気を通さないものを着けて、猫の体をそっと横向きにしましょう。あとは呼吸がしやすいように、ゆっくりと猫の口を開けて、舌を出して気道を確保したら、速やかに動物病院に連れて行きましょう。

もし、猫が感電してすぐに目が覚めた場合でも、自分で大丈夫だと判断せずに、動物病院に連れて行きましょう。

まとめ

噛み癖のある猫はしっかりとしつけをして、どうしてもダメならコードにカバーを被せてしまいましょう。

私は一人暮らしで、留守中に猫が電気コードをかじってしまうのが心配だったので、スパイラルチューブを被せておきました。たまに猫がチューブをかじっていますが、頑丈でうまく噛めないからか、すぐ噛むのをやめてしまいます。

スパイラルチューブは、コードをまとめるのにも役立つので持っておいて損はないですよ。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.