猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫の熱中症に要注意!夏場はエアコンつけっぱなしが良い?

投稿日:

日本の夏ってムシムシと暑くて嫌になりますよね。それは猫にとっても同じことで、暑いと熱中症の心配も出てきます。また、猫に留守番をさせるときにエアコンをつけていったほうがいいのか迷うこともあると思います。

ここでは、夏場、猫に留守番をさせるときにエアコンをつけるべきかどうかをご説明します。

エアコンはつけっぱなしが良い

エアコンをつけっぱなしにすると気になるのが電気代ですよね。だからといって、エアコンをつけないで猫が熱中症になると、最悪の場合、死に至ることもあります。ですから、猫の熱中症を防ぐためにもエアコンは使うべきなんです。

目安としては風通しが悪い部屋で、気温が30度以上、湿度が60%を超える場合はエアコンをつけた方が良いですよ。

マル
製造年月日が比較的新しいエアコンだと、つけっぱなしにした方が電気代が安くなることもあるニャ。

エアコンは28度設定が良い

では、猫にとって快適な温度とは一体何度なのでしょうか。私たち人間にとっては『28度設定じゃ暑い!』と思うこともありますよね。そのため、猫が涼しめるようにと気を利かせたつもりで、エアコンの温度を下げてしまいがちです。

ですが、猫にとっての適温は28度と言われているので28度や29度設定でも十分快適に過ごせるんです。うちの猫たちは、28度設定でも寒いのか、わざわざ別の暑い部屋に行ってビロ〜ンと伸びて寝ていたりしますよ。

フク
冷気は下の方にいくから、猫がいる場所によっては28度設定でも寒く感じる場合があるニャ。その時は温度計で測ってみるのも良いかもニャ。

エアコンをつけて部屋は少し開けておく

エアコンをつけるときは、猫が自由に出入りできるように部屋のドアを少し開けておきましょう。『部屋が冷えなくなる』と思うかもしれませんが、部屋を閉め切ってしまうと、万が一停電になったときに猫が熱中症になる可能性が高くなってしまいます。

エアコンがない場合はどうすれば良い?

エアコンがなくて猫を飼うこともあると思いますが、その場合は風の流れを作ることを心がけましょう。

部屋のドアは全部開けっぱなしにしておき、換気扇をつけて風の流れを作ります。トイレや浴室も割と涼しかったりするので、開けっぱなしにしておいても良いですね。ただ、危険なのでトイレのフタは閉めておき、浴槽にも水をためておかないようにしましょう。

フク
溺れてしまうこともあるからニャ。

可能なら窓も開けた方が良いですが、あまり開けると猫が脱走する可能性もありますし、防犯の面でも不安ですよね。もし、人が通れないくらいの小さい窓があれば、その窓を少し開けておき、防犯ストッパーなどでそれ以上開かないように固定しておけば良いでしょう。

あとは、猫が使ってくれるか分かりませんが、クールマットなどのひんやりグッズを置いておきましょう。

扇風機をつけても猫は涼しくない

扇風機をつければ猫も涼しいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、そもそも扇風機は空気を循環させるためのものなので、閉め切った部屋で扇風機をつけても、蒸し暑い風が循環するだけで効果がありません。

また、人間が扇風機にあたって涼しいと感じるのは、風によって冷やされた汗が蒸発して体温が下がるからですが、人間と違って猫は元々あまり汗をかきません。このため、猫は扇風機をつけてもほとんど涼しさを感じないのではないかと言われています。

マル
猫にとっては扇風機の羽根の動きがおもちゃのように見えてしまうこともあるニャ。前足を入れてみたり、扇風機を倒してケガをすることもあるから気をつけるニャ。

猫の熱中症の症状

猫が熱中症になると下記のような症状が出ます。

  • フラフラと歩いている
  • 元気がなくグッタリとしている
  • けいれんを起こしている
  • 嘔吐や下痢をしている
  • 犬のように口を開けて舌を出し、呼吸が激しい

特に、けいれんしていたり、よだれを垂らして苦しそうにしているようであれば、重症なのですぐに動物病院に連れていきましょう。

マル
熱中症になりやすいのは、仔猫、老猫、長毛種、フクみたいな肥満の猫だニャ。
フク
誰が肥満猫だニャ!
マル
だって、お腹タプタプじゃニャいか。

猫が熱中症になった場合の対処法

まずは、エアコンが効いてる涼しい場所に移動させて体温を下げます。水が飲める状態であれば、スポイトなどを使って水を飲ませてあげましょう。こまめに体温を測りながら、濡らしたタオルなどで猫の体を覆ったり、扇風機やうちわを使って体温を下げてあげて、39度くらいまで下がったら急いで動物病院に連れて行ってください。

このとき、早く冷やしたいからといって氷水を全身にかけたりすると、体温が下がりすぎて低体温症になり危険なので氷水の使用はやめましょう。

まとめ

猫は暑さに強いと言われていますが、ジメジメとした湿気は苦手です。室内飼いの猫は一日中家の中にいるため、夏場は特に温度管理が大切になってきます。水を飲める場所を何か所かに用意してあげたり、エアコンなどを利用して熱中症を防ぎましょう。

もし、熱中症が疑われる場合は、体温を下げてから急いで動物病院に連れて行ってくださいね。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.