猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

【猫の多頭飼い】ケンカの止め方と対処法

投稿日:

猫の多頭飼いをしていると猫同士でケンカをすることがありますが、あまりにもひどい場合は『放っておいても大丈夫?』『止めに入った方が良いの?』と不安になってしまいますよね。

ここでは、猫の多頭飼いで起きるケンカの止め方と対処法をご紹介します。

猫のケンカが始まったらまずは様子を見守る

ケンカをし出したらとりあえず様子を見守りましょう。ケンカをしているように見えてもじゃれて遊んでいる場合も多いからです。無理に止めようとすると猫にストレスを与える原因にもなってしまいます。

猫がケンカをする主な理由は、縄張り争いや発情期に異性を取り合うためです。去勢手術をしている室内飼いの猫であれば、そういった問題はなくなるので、ちょっとしたケンカをすることはあっても、相手にケガを負わせるような本気のケンカをすることはほとんどありません。

ただ、猫同士の相性が悪いと本気のケンカに発展してしまうことがあります。

マル
子猫のときのケンカやじゃれ合いは、手加減することを覚えるためにも大事なことなんだニャ。
フク
ケンカやじゃれ合いをすることで『このくらい噛まれたら痛い』なんてことを学んでいるんだニャ。

ケンカとじゃれあいの違い

では、ケンカとじゃれ合いの違いは何なのでしょうか。うちの猫たちはよくじゃれ合っていますが、お互いの体をペロペロと舐めてグルーミングしていたかと思ったら急に取っ組み合いのような感じになったり、興奮状態になって猫パンチをしたりすることもあります。

フク
いつもマルが逃げ出したり、飽きてどっか行ってしまうことが多いニャ。
マル
(フクの遊び相手をするのが面倒くさいんだニャ)

このような場合は放っておいても大丈夫なんですが、本気のケンカの場合は猫がケガをすることもあるので止めに入りましょう。

本気のケンカかどうかを見極めるポイントとしては、下記のようなものがあります。

  • 猫が首に噛みついて離れない
  • 片方の猫が嫌がっているのにしつこく追い掛け回す
  • ウーッと低いうなり声を出す

これらの行動が見られる場合は止めに入りましょう。猫は本気になると相手がケガをするまで攻撃し続けるので、放置してしまうと猫が大けがを負ってしまうこともあるため注意が必要です。

また、ケンカの際に猫が深い傷を負ってしまうリスクを減らすために、普段から猫の爪は切っておきましょう。

マル
去勢していないオスの成猫同士は、縄張り意識が強いから相性が悪いことが多いんだニャ。

ケンカの止め方

大きな声や音を出せばケンカをやめることもありますが、あまり効果のない場合もあります。そんな時は下記のことを試してみてください。

おもちゃやおやつで気を引く

お気に入りのおもちゃやおやつで、ケンカをしている猫たちの気をそらしてあげましょう。うちの猫たちはケンカじゃないですが、夢中でじゃれ合いをしていても、ちゃおちゅ〜るを取り出すとすぐに駆け寄ってきます(笑)

霧吹きスプレー

猫のしつけをするときにも使う霧吹きスプレーですが、ケンカを止めるのにも役立ちます。

猫は水が苦手なので効果はバツグンですが、あまり頻繁にやると嫌われてしまうかもしれないので使用するのはほどほどにしておきましょう。

別の部屋に隔離する

もともと猫を飼っていて新しく猫を迎え入れた場合に多い例ですが、顔を合わせたとたんにシャーシャーと威嚇を始めたりして、ケンカに発展しやすいです。

このような状態が続くようであれば、一旦部屋を別々にしたりケージに入れたりして様子を見ましょう。徐々に慣れてきて仲が良くなることもあります。

また、多頭飼いの場合はトイレを共有して使うことはストレスになってしまうこともあるので、別々のトイレを用意してあげましょう。

フク
ボクたちは仔猫のときからトイレを共有しているから全然気にしてないのニャ。
マル
(ホントは別々が良い、なんていまさら言えニャい…)

まとめ

野良猫ならともかく室内飼いの猫の場合は、ほとんどがじゃれ合いで終わるので、とりあえず手を出さずに見守るようにしましょう。もし、本気のケンカになってしまった場合は、ケガをしてしまうこともあるため飼い主が止めに入ることが必要です。

ただ、止める際はくれぐれも叩いたり大声で怒鳴ったりしないでくださいね。猫がさらに攻撃的になってしまうかもしれませんよ。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.