猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

【吐き戻し】猫が餌を食べた後に吐く3つの原因と対策

投稿日:

猫が餌を食べた直後に、未消化の状態の餌を吐くことがありませんか?このような吐き戻しをするのにはいくつかの原因があります。

ここでは、猫が餌が吐き戻しをしてしまう3つの原因と対策をご紹介します。

早食いや食べ過ぎで吐き戻しをする

吐き戻しの原因のひとつは早食いや食べ過ぎによるものです。一度にたくさんの餌を食べてしまったり、餌を噛まずに丸呑みすることで消化が追いつかずに吐き戻しをします。

マル
もともと、猫はモノを噛んで食べる習慣がないから、餌を食べるときも丸呑みするんだニャ。
フク
でも餌を食べている時に『カリッ』て音がするのは、噛んでいるからなんじゃニャイの?
マル
それは餌が歯にあたっているだけニャ。もしくは餌が大きくて飲み込めそうにないときに噛み砕いているんだニャ。

このように、餌をガツガツ食べてしまって吐き戻しをするようであれば、一日に与える餌の量は変えずに、少量ずつ何回かに分けて与えるようにしましょう。

とはいえ、一人暮らしや共働きなどで留守の時間が多い人は、こまめに餌を与えるなんて難しいですよね。そんな時は自動給餌器で対応しましょう。好きな時間に好きな量だけ餌を出すことができるので、留守のときでも安心です。

外出先からスマホでごはん!みまもる話せる猫犬ペット給餌器カリカリマシーンSP

また、ドライフードの種類にもよりますが、食べた後にたくさん水を飲むことで胃の中にあるフードが急激に膨れてしまい吐くこともありますよ。

マル
ドライフードを水でふやかしても良いかもニャ。あらかじめ水分が含まれた状態のまま餌を食べるから、胃の中で膨れてしまうことを抑えられるニャ。
フク
ふやかすことで水分の補給にもなるから良さそうだニャ。

食器やフードを変えて早食いを抑える

早食い防止用の少し食べづらい形状の食器だったり、吐き戻しを軽減するフードも売られているので、そちらを試してみても良いでしょう。

餌を新しいものに変えた

新しいキャットフードに変えた途端に吐くようになってしまったということもあります。新しいフードに変える場合は、急に変えるのではなく、元々与えていたフードに新しいフードを少し混ぜて、徐々に量を増やして慣らしていくと良いですよ。

うちの猫たちは、基本的に何でも食べるのですが、ある特定のウェットフードを食べさせると絶対に吐いてしまいます。体質的に合わないのでしょうね。

食器の高さが合っていない

猫が餌を食べている様子を観察してみましょう。首や頭を下げて前かがみになって食べづらそうにしていませんか?このようなキツい姿勢のまま餌を食べると吐き戻しをすることがあります。

実を言うと私も最近まで食器の高さは気にしていませんでした。ただ、一時期猫が吐き戻しをすることが多くなったので、おかしいなと思いいろいろ調べた結果、食器の高さが原因かもしれないということが分かりました。

実際、高さを変えてみたら吐き戻しが減ったので高さを変えるだけでも違うんだなぁと思うと同時に、猫たちにも申し訳ないことをしてたんだと反省しました。

子猫のときは体が小さいので、床に置いた状態でも難なく食べてくれますが、成長するにつれて当然体も大きくなるので、食器の高さもその都度調整してあげましょう。

フク
人は反省をすることで成長していくのニャ。飼い主さん、いい勉強になって良かったニャ。
マル
偉そうになんか言ってるニャ…

食器は猫の顔ぐらいの高さにあるのが理想的です。ペットショップなどで売られている、高さのある食器に変えてももちろん良いのですが、我が家では経費削減のため、食器の下に100均で買ってきた台を敷いて高くしています。

まとめ

猫が吐き戻しをする原因は、餌の早食いや食器の高さなどが考えられます。うちの猫たちも一時期吐き戻しが増えましたが、食器の高さを調整したおかげで吐き戻しを減らすことができました。

普段から猫が早食いをしていないか、前かがみで食べづらそうにしていないかチェックしてあげてくださいね。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.