猫の飼い方がよく分かる!猫の情報サイトです。

ねこたいむ

猫の飼い方

猫が粗相をする4つの原因と対策

投稿日:

猫を飼っていると、急にトイレ以外の場所に粗相をすることがあります。『今までキチンと出来ていたはずなのになんで?』と思ってしまうかもしれませんが、これにはいくつかの原因が考えられます。

ここでは、猫が粗相をしてしまう4つの原因と対策をご紹介します。

1.ストレス

トイレが汚れている

猫はキレイ好きな生き物なので、トイレが汚れていると別の場所に粗相をしてしまうことがあります。汚れているトイレで排泄したくないと思うのは私たち人間も同じですよね?

ですので、トイレはこまめに掃除をしてあげることが大切です。出来れば、おしっこやうんちをしたらすぐに掃除をしてあげるのが理想的ですが、なかなか難しい場合もあると思うので、トイレは多めに用意しておきましょう。

マル
飼育頭数より1個多く用意してあげるのが理想的ニャ。
フク
飼っているのが1匹ならトイレを2個用意するということだニャ。

引っ越しなどで環境が変わった

猫は環境の変化をとても嫌います。引っ越しもそうですが、トイレの場所を変えられただけでも猫にとってはストレスになってしまい、別の場所に粗相をする原因になってしまいます。

引っ越しの場合は、環境に慣れてもらうしかありませんが、トイレの場所は猫を飼う前にあらかじめ決めておき、むやみに配置変えをしないようにしましょう。どうしても場所を変えたい場合は、トイレを毎日少しずつ移動させていくと良いですよ。

トイレ周りの環境が気に入らない

猫は落ち着いて排泄できる場所を好むので、周りがうるさかったり、人通りの多い場所だと落ち着くことが出来ず、トイレを使ってくれなくなることがあります。なるべく人通りの少ない静かな場所にトイレを置いてあげましょう。

また、猫の排泄物はかなり臭いので、ニオイがこもらないように、換気扇の近くや風通しの良い場所にトイレを置いた方が良いですよ。我が家では脱衣所にトイレを置いています。換気扇も近くにあるし人通りも少ないので、うってつけの場所です。

トイレで嫌な体験をした

トイレの最中にトイレが倒れてしまったり、周りで大きな音が鳴ったなどの嫌な体験をすると『トイレに行くと怖いことが起きる』と学習してしまいます。

我が家で実際にあったことですが、猫がトイレに入った際にトイレのフチの所に足を乗せてしまい、そのせいでトイレが横倒しになったことがありました。

うちの猫たちは、呑気な性格なのでその後も問題なく使ってくれましたが、中には『また倒れるかもしれない。怖い!』とトイレを使ってくれなくなる場合もあります。

ストレスで粗相をする場合の対策

猫がストレスを感じる原因はいろいろあるので、特定するのはなかなか難しいと思いますが、ひとつひとつ考えられる原因を解消していきましょう。

2.病気

猫のストレスになるような原因がない、あるいは原因だと思うものを取り除いたのにも関わらず粗相をしてしまう場合は病気が疑われます。

猫は膀胱炎などの下部尿路疾患にかかりやすく、頻尿になってトイレに行くのに間に合わず粗相をしてしまったり、排泄時に痛みを伴うようになってトイレに行くのを嫌がることがあります。

また、長時間留守にした際に粗相をしていた場合は、分離不安の可能性があります。飼い主がいなくて不安になり、そのことがストレスになってしまい粗相をしてしまうことがあります。

分離不安については別記事にまとめましたので、良かったらご参照ください。

あわせて読みたい
留守中に猫が問題行動…猫の分離不安症の症状と対策

分離不安症って何?と思うかもしれませんが、簡単に言うと、飼い主の留守中に問題行動を起こしてしまう心の病気です。元々は犬がなりやすい病気でしたが、近年では猫も分離不安になってしまうケースが増えています。 ...

続きを見る

病気が原因で粗相をする場合の対策

排泄時に大声で鳴く、血尿、おしっこの回数が増えたりした場合などは、速やかに動物病院に連れて行きましょう。また、分離不安が原因の場合は猫が不安にならないような環境づくりや、自立心を育ててあげることが必要です。

3.マーキング

主に去勢手術をしていないオス猫に多く見られますが、発情期になると壁や家具などにスプレーというマーキング行為をするようになります。

マーキングをする場合の対策

一番有効なのはやはり去勢手術をすることです。手術をすることでマーキングが治まることが多いですが、まれに手術後もマーキングしてしまう猫もいるようです。

マル
手術後にマーキングする場合はストレスや不安を感じていたり、病気の可能性もあるのニャ。

4.老化

若いうちはトイレを難なくこなせた猫もやはり老化には勝てません。高齢になると内臓機能が低下しトイレの回数も増えてしまうので、トイレに間に合わず粗相をしてしまうことも増えてしまいます。また、認知症になって、トイレの場所が分からなくなり粗相をしてしまうこともあります。

老化で粗相をする場合の対策

猫がトイレに行きやすくなるように、トイレ入り口の段差をなくしてあげるなどのバリアフリー化が必要ですが、もしトイレに行く気力がなさそうだったり、寝たきりになってしまった場合はペット用のおむつを用意してあげましょう。

猫は同じ場所に粗相をする

猫が粗相をした場合は、速やかに掃除をしてニオイを除去する必要があります。というのも、猫は自分のおしっこのニオイが残っていると、そこがトイレだと勘違いしてまた同じ場所に粗相をしてしまうからです。濡れ雑巾などで拭き取った後に、消臭スプレーやアルコールなどで消毒をしましょう。

まとめ

猫が急に粗相をするようになった場合、主な原因は病気やストレスが考えられます。トイレが汚れていないか、トイレ周りの環境が変わっていないかなどをチェックしてみましょう。また、おしっこの回数が増えたり血尿が出ている場合などは病気の可能性があるので早めに動物病院に連れて行きましょう。

-猫の飼い方

Copyright© ねこたいむ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.